クロロフィルが人へもたらす恩恵

クロロフィルが人へもたらす恩恵

クロロフィルは植物の緑色の色素形成に関与する植物化学物質であり、葉緑素とも呼ばれます。植物が光合成を行う時の主役を演じる物質でもあります。

そのクロロフィルがヒトの細胞の活性にどう働きかけるのか約100年前から研究されてきました。過去30年以上にわたり、天然のクロロフィルによる化学的予防効果の研究が盛んに行われています。

クロロフィルが消化器官からのダイオキシン類の吸収防止に有効であることが示唆される実験や、活性酸素が過剰に生産されたことによる酸化ストレス状態を和らげる実験がPubMedに報告されています。

 

参考文献(PubMed)

Chlorophyll derived from Chlorella inhibits dioxin absorption from the gastrointestinal tract and accelerates dioxin excretion in rats
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/11333191/

Chlorophyll treatment combined with photostimulation increases glycolysis and decreases oxidative stress in the liver of type 1 diabetic rats
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31859908/